知っておきたいコラーゲンのこと

知っておきたいコラーゲンのこと

鏡を見つめる女性

コラーゲンは、美容・美肌の話題では欠かせない存在ですよね。

でも、

 

なんとなく肌に良さそうなイメージだけど、くわしい事はよく知らない……

という方もいらっしゃると思います。

この記事では、コラーゲンについて知っておきたい情報をご紹介しますね。

コラーゲンとは?なんで美容・美肌に大切な成分なの?

疑問を持つ女性

コラーゲンは、私たちの皮膚や骨や血管などを構成しているすごく大切なモノで、たんぱく質の一種です。

とにく皮膚にはたくさん存在していて、皮膚の約70%はコラーゲンが占めているといわれています。

皮膚にあるコラーゲンは、
  • うるおいを保持する
  • バネのような働きで真皮層を支える(ハリや弾力)
という働きをしています。

また、骨の内側の柔軟性を保つ働きもあります。
加齢によってコラーゲンが減少すると柔軟性がなくなり、骨が折れやすくなってしまったりします。

補足:コラーゲンにはたくさんの種類があります

私たちの体には、28種類のコラーゲンがあるそうです。
そのうち、9種類は皮膚にあります。

28種類のコラーゲンすべての働きは解明されていませんが、美容・美肌の話題で重要になるのが、T型、W型、Z型と呼ばれる3つのコラーゲンです。
T型は体中にもっともたくさんあるタイプで、生コラーゲン美容液のほとんどはこのタイプです。

W型とZ型は、表皮と真皮の間にある”基底膜”というところに存在しています。
バネみたいな働きで、お肌にハリと弾力を与えます。

コラーゲンは、加齢とともに減少します

下向きの矢印

私たちの体はコラーゲンを作れますし、食べ物から摂取することもできます。

でも、コラーゲンを作る機能は加齢とともに低下して、皮膚のコラーゲンの量は30代半ばをピークにして減少するといわれています。

そのため、
  • 食べ物・飲み物
  • コラーゲンサプリやコラーゲンドリンク
  • コラーゲン化粧品
などで補うことが大切です。

コラーゲンを食べ物から摂取するには?おすすめは?

ナイフとフォーク、スプーン

コラーゲンを食べ物で増やす・摂取するには、
  • コラーゲンを作る働きをサポートする食べ物
  • コラーゲンを多く含む食べ物
の2つのアプローチがあります。

一つずつご紹介しますね。

コラーゲンの生成をサポートする食べ物は?

赤ピーマンと黄ピーマン

コラーゲンの生成をサポートするには、ビタミンCを多く含む食べ物が有効だといわれています。

食べ物から摂取したコラーゲンは消化・分解された後、体内で再び合成されます。
そしてその時、ビタミンCが必要だからです。
ビタミンCが不足していると、再合成ができません。

ビタミンCが多い身近な食べ物としては、
  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • 芽キャベツ
  • ゴーヤ
  • レモン
  • キウイフルーツ
などがあります。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンの合成を抑える働きもあります。
美肌のために、いつもたっぷり摂取したいですね。

また、ビタミンCは体に蓄積されず、短時間で体外に排出されます。
そのため、小まめに摂取することが大切です。

さらに、調理するよりも生で食べた方が効率がよいといわれています。(ビタミンCは水に溶けやすく、酸化しやすいため)

コラーゲンを多く含む食べ物は?

豚足

コラーゲンを多く含む身近な食材には、下記のようなものがあります。

動物性
鶏の皮、手羽先、軟骨、豚足、牛スジ、豚バラ肉など

海洋性
魚の皮、ウナギ、スッポン、フカヒレ、エイヒレ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど

その他
ゼリー、プリン、杏仁豆腐など

上記のほとんどはどこにでも売っているので、手軽に調達できるとおもいます。

ただ、気をつけたいのが、コラーゲンは煮込むと煮汁に溶け出してしまうことです。
煮汁も飲む前提で調理するのがおすすめです。

ただし、上でご紹介した食材を見るとわかるとおり、高カロリーなものが多いですよね。
なので、「コラーゲン摂取!!!」と張り切り過ぎて、カロリーオーバーにならないように気をつけましょう。

コラーゲンと一緒に摂取したい、ビタミンC以外のもの

上の方で、「ビタミンCはコラーゲンを生成するのに必要」とご紹介しました。

実はプラセンタも、コラーゲンのために摂取したい成分です。

プラセンタは、コラーゲンが作られる機能を高めるといわれているからです。

コラーゲンは1日にどれくらい摂ればいいの?

コラーゲンの1日の摂取量の目安は、成人男女の場合、5,000〜10,000mgといわれています。

それだけの量を食べ物だけで補おうとすると、なかなか大変です。

たとえば、含有量が多いとされる食材でも
牛スジ:100gあたり4,980r
うなぎの蒲焼:100gあたり5.530mg
なので、毎日摂るのは現実的ではないです……。

サプリやドリンクで補うのもアリ

挿絵

上の方で、ビタミンCやコラーゲンを多く含む食材をご紹介しました。

それを見て、

 

うわぁ……カロリー高いなぁ……。だったら、サプリやドリンクの方がよくない?

と思われた方もいらっしゃると思います。

また、毎日じゅうぶんな量を食べ物からだけ摂取しようとすると、量も手間もかなり大変です。

たしかに、サプリやドリンクなら
  • 低カロリーの商品が多い
  • 手軽に摂取できる
というメリットがあります。

でも、サプリやドリンクを活用される場合も、
  • 不健康な食生活だと、せっかくコラーゲンを摂取しても台無し
  • 自分で食材を揃える・調理する手間暇と、サプリ・ドリンク代をよく考える
  • コラーゲンの経口摂取には、否定的な意見もある
の3点には気をつけられた方がいいと思います。

美肌はコラーゲンだけでは実現できないので、サプリやドリンクだけに頼って栄養バランスが崩れないようにしましょう。
また、栄養のバランスが悪いと、お肌だけでなく体全体に影響していまいます。

さらに、サプリやドリンクは手軽な一方、費用がかかります。
食材を揃える材料費や調理する手間などとしっかり比較して、サプリやドリンクを活用するかどうか決めましょう。

サプリやドリンクで人気があるのはどれ?

サプリやドリンクについては、別のページでご紹介しています。

商品選びの際に気をつけたいポイントなどもご紹介しています。

ぜひそちらを参考にしてみてくださいね。

コラーゲンが不足すると、どうなるの?

通常の食事をしていれば、不足が問題になる心配は不要です。

ただし、不足した状態がつづくと
  • 肌荒れ
  • 白髪
  • 抜け毛
  • 動脈硬化
  • 関節痛
などにつながる可能性があるといわれています。

コラーゲンを摂り過ぎたらどうなるの?副作用はあるの?

通常の食生活をしていれば問題になることはありませんが、過剰な摂取は
  • 肥満
  • 肌荒れ
  • 腎臓・肝臓障害
などにつながる可能性があるとされています。

サプリやドリンクで摂取する場合は、かならず目安量を守りましょう。

コラーゲンの減少を抑えるために気をつけたいこと

上のほうでご紹介したように、皮膚のコラーゲンの量は30代半ばをピークにして減少するといわれています。

でも実は、年齢だけでなく生活習慣も関係しています。

コラーゲンの減少を抑えるために気をつけたいことをご紹介しますね。

紫外線対策は手を抜かない

麦わら帽子で顔を隠す女性

紫外線には、波長の長さによって
UV-A:真皮まで到達。シワやタルミの原因になる
UV-B:表皮の炎症などにつながる、シミ・ソバカスの原因
UV-C:細胞のDNAを破壊するなど。ただし、オゾン層で遮られるため、基本的には影響がない(届かない)
の3つがあります。

コラーゲンの話題に関係するのは、UV-Aです。

UV-A(A波)は肌の真皮まで到達して、コラーゲンやエラスチン繊維を壊してしまいます

UV-Aはガラスなども貫通するので、「部屋の中だから安心」とはいきません……。
室内にいる時も、つねに紫外線ケアをしましょう

大きな窓はにはUVカットフィルムを貼るのもおすすめです。
お手軽価格で買えますし、透明から柄アリ・色付きまで、好みに合わせて選べます。

規則正しい生活、睡眠時間の確保

時計

成長ホルモンやゴールデンタイムという言葉は、美容関連の話題でよく見かけますよね。

成長ホルモンというのは、たんぱく質の合成や免疫力などに関係しています。
22〜2時の間、とくに入眠から1時間はもっとも活発になるといわれています。

つねに理想の生活サイクルで過ごすというのは現実的じゃありませんけど、なるべくゴールデンタイムには寝るように心がけたいです。

ストレス

ジョギングしている女性

ストレスを感じるとエネルギー代謝が低下して、成長ホルモンの分泌に影響するといわれています。

ストレスを感じない・溜めないというのはなかなか現実的な話ではありませんが、生活の中にストレス発散の機会を増やす工夫はしたいですね。

喫煙

NGマーク

タバコを吸うと活性酸素が増え、活性酸素がコラーゲンを破壊するといわれています。

吸い過ぎには注意しましょう。

フィッシュコラーゲンと動物コラーゲンの違いは?

鮭

コラーゲンには2種類あって、
  • 動物由来:コストは安いが、吸収されにくい
  • 魚由来:コストは高いが、動物由来よりも低分子で吸収されやすい
という違いがあります。

人気のコラーゲンドリンクは、ほとんど魚由来です。

ただし、動物性だから吸収されにくいとは限りません。
吸収されやすいように低分子化されていれば、もともとの分子量は関係ないからです。

原材料よりも、口コミでの実感力を優先されるのがおすすめです。

まとめ

以上、コラーゲンについて知っておきたい知識をご紹介しました。
少しでも美容・美肌のお助けになるとうれしいです。

他のページでは生コラーゲン美容液の人気・おすすめランキングなんかもご紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。